シミの種類とお手入れ方法

少しずつ濃くなっていくシミ、目の下や頬骨の高いところ、こめかみなど 目立って気になりますよね。

出来てしまったシミを化粧品で消すことは出来るのでしょうか!?

シミそのものは 皮膚にあるメラニン色素の沈着ですが その原因は紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れ、食生活、ストレス、遺伝的なものなど様々で ケアの仕方も少し異なります。

シミのお手入れには 医薬部外品の美白成分が配合された美白化粧品があります。

美白化粧品でのお手入れで 消えてくれないシミもあり 間違ったお手入れをしていると かえってシミが悪化してしまうこともあります。

自宅でのお手入れで あまり変化を感じられない場合は シミの種類にもよりますが レーザーや液体窒素で 簡単に取れるシミもありますので 皮膚科で相談したほうが 早い場合もあります。

老人性色素斑

 

シミで一番多いのが 老人性色素斑、日焼けの繰り返しで 頬骨の高いところにできる 数ミリから数センチの丸っこいシミです。

予防法 ケア方法
UV対策 UV化粧品、パウダーファンデーションのW使いがおすすめ 美白化粧品△(薄いうちなら美白化粧品でのお手入れが有効)
レーザー治療◯(輪郭がはっきりしたシミ)

 

肝斑

 

頬骨を中心に左右対称にできる ぺたっとした薄茶色又は灰色のペタッとしたシミ、まれに鼻の下、額などにできることもあります。

女性ホルモンの乱れが大きく影響し 30~40代の女性に多く 妊娠中、ピルの使用、更年期の女性にも見られます。

予防法 ケア方法
規則正しい生活と食事などホルモンバランスに気を配る。紫外線でで悪化することがあるので UV対策をしっかりする。 美白化粧品+ピーリング◯
レーザー治療☓
トラネキサム酸の内服◯

炎症性色素沈着

 

ニキビ、虫刺され、かぶれなど 肌の炎症のあとがシミになったもの、メイクをコットンで拭き取ったり 洗顔やマッサージで肌をゴシゴシこすったり、合わない化粧品を使い続けるなど慢性的に 肌が炎症を起こしていることがあり くすみ、地黒のように見えてしまうこともあります。

炎症の原因を取り除けば 時間はかかりますが消えていくものが多いですが その上から日焼けをすると そのまま残ってしまうこともあります。

予防法 ケア方法
ニキビや傷はパウダーファンデーションを塗る、傷跡などはテープを貼る、肌を擦ったり 炎症を起こすような刺激を与えない。 美白化粧品◯
ピーリング◯
ビタミンCイオン導入◯
レーザー治療☓

脂漏性角化症

 

シミがイボのように盛り上がってきたもので 褐色や黒色で大きさは数ミリから2.3センチ、老人性色素斑と混ざり こめかみや手の甲にできることが多いです。

予防法 ケア方法
UV化粧品、パウダーファンデーションのW使いで紫外線対策をしっかりする 美白化粧品☓
レーザー治療◯
液体窒素の凍結療法◯

雀卵斑そばかす

 

遺伝的なもので10代の頃から出来始め 小さく茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴です。

白人に多く見られ日本人でも色白の人に 多いようです。

予防法 ケア方法
遺伝的なものですので防ぐのは難しいですが 日に当たると濃くなるのでUV化粧品、パウダーファンデーションのW使いで紫外線対策をしっかりする 美白化粧品△
レーザー治療◯

 

シミケアにおすすめの美白成分

自宅でのシミケア シミに効く化粧品と言えば 医薬部外品の美白成分が配合された美白化粧品があります。

出来てしまったシミでも 中には美白化粧品でお手入れをするうちに 薄くなったり 消えてくれるシミもあったりするのですが・・・。

美白化粧品は 出来てしまったシミを消すのではなく シミができないように予防的に使うものです。

どちらにしろ シミをこれ以上増やさない、今あるシミを濃くしない為に 年間を通して 紫外線対策と美白化粧品でのお手入れをおすすめします。

以下美白化粧品に配合される美白成分です。

医薬部外品の美白成分 作用
プラセンタエキス チロシナーゼ抑制・抗酸化作用
アルブチン チロシナーゼ抑制
コウジ酸 チロシナーゼ抑制
エラグ酸 チロシナーゼ抑制
ビタミンC誘導体 チロシナーゼ抑制・抗酸化作用
ルシノール チロシナーゼ抑制
カモミラET エンドセリン-1伝達抑制
m-トラネキサム酸 プラスミン抑制・抗炎症作用
4MSK チロシナーゼ抑制・ターンオーバー促進
VCエチル チロシナーゼ抑制
エナジーシグナルAMP ターンオーバー促進
マグノリグナン チロシナーゼ成熟阻害
D-メラノ(ナイアシン) メラニン生成抑制・メラノソームブロック
TXC プラスミン抑制
リノール酸s チロシナーゼ抑制

 

その他の美白成分 作用
ハイドロキノン チロシナーゼ抑制
油溶性甘草エキス 美白・消炎作用

医薬部外品の美白成分は 厚生労働省により美白効果と安全性が認められた成分で それらの成分が医薬部外品の配合範囲内で使用され、厚生労働省により認可されたものが医薬部外品の美白化粧品として販売されています。

医薬部外品として 認可されていない美白有効成分でも 医薬部外品の美白成分より効果が劣るというわけではありません。

皮膚科の分野では ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、コウジ酸、油溶性甘草エキスなどがよく使われています。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは 美白=ハイドロキノンと言われるほど 欧米ではポピュラーな成分です。

肌に刺激があることから 日本では使用が禁じられていましたが 2001年の規制暖和で化粧品への配合が可能になりました。

濃度が高いと肌への刺激が強い為 一般の化粧品には4%まで それ以上になると副作用の心配も出てきますので 医師の処方が必要になります。

個人輸入で 海外製の高濃度ハイドロキノン化粧品が販売されていますが 使用方法を誤ると肌を痛めてしまうことがあります。

毎日のお手入れで どうしても変化が出ない場合は 海外製のシミ取りクリームを使うよりは 皮膚科を受診することをおすすめします。



最新情報をチェックしよう!