ヒト型セラミドおすすめの化粧水・美容液・クリームの効果と選び方

おすすめのヒト型セラミド化粧水・美容液

化粧水、美容液やクリームで保湿しているのに どうしてもお肌が乾燥してカサついてしまう、そんな方に セラミド化粧品をおすすめします!

一口にセラミドと 言ってもセラミドには 沢山の種類があります。

選ぶなら人間の肌に近い組成のヒト型セラミド配合の化粧品が肌なじみがよく スキンケア効果が高いと言われています。

おすすめのヒト型セラミド化粧品と、セラミドのスキンケア効果、セラミド化粧品の選び方をまとめています。

乾燥肌対策、セラミド化粧品選びの参考にどうぞ!

 

ヒト型セラミド化粧品おすすめランキング

大手口コミサイト、ネットショップの口コミをもとに 人気のヒト型セラミドが配合された化粧品の トライアルセットを紹介します。

※口コミは個人の感想ですので 感じ方には違いがあります。

セラミディアルセラミディアル モイスチャライジングセラム

  • ETVOSスキンケアシリーズの中でもっとも多くのセラミド(1, 2, 3, 5, 6Ⅱ)を配合、ラメラ構造の形成を促すPOs-Ca(高水溶性のカルシウム素材)を配合。 お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導き 潤いが持続します。
  • セラミドの他にも ヒアルロン酸、天然保湿成分NMFをたっぷり配合
  • シリコン、石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、着色料フリー、パッチテスト済み。

目尻のシワや法令線毛穴落ちありません。低刺激で人型セラミドの効果でしょう!

セラミディアルモイスチャーラインお試しセット

セラミドディアルの基礎化粧品セットでお試しが出来ます。

クリアソープバー(洗顔石けん)10g/モイスチャライジングローション(化粧水)30ml/モイスチャライジングセラム(保湿美容液)10ml/モイスチャライジングクリーム(保湿クリーム)5g

2周間分お試し価格1.900円送料無料

モイスチャーライントライアルキット
2周間分お試し

ヒフミドエッセンスクリーム

  • ヒフミドは肌から失われたセラミドを人の皮膚に存在するものと同じかたちで補うという製薬会社視点で生まれた高保湿エイジングケアスキンケアブランドです。
  • 3種類のヒト型セラミドを4%配合したクリーム。
  • クレンジングからクリームまで全てに良質のヒト型セラミドが配合されています。

50代60代の方の口コミ

潤っているからシミが目立たないし、目じりとかほうれい線が目立たない!今の基礎化粧品に疑問を持たれている方、お試しの価値、あると思います!

ヒフミド初回限定トライアルセット

  • マイルドクレンジング10g
  • 洗顔石鹸13g
  • エッセンスローション20ml
  • エッセンスクリーム4g
  • 日焼け止め1.5g×5包+トートーバッグ

初回限定トライアルセット980円+送料324円

ヒフミドトライアルセット

 

ランキング3徹底保湿のアヤナスクリームコンセントレート

  • 特許技術『ヴァイタサイクルヴェール』により、外部刺激を ブロックし、徹底保湿することで、肌のバリア機能をUP
  • 肌のコラーゲン産生量を170%までアップさせ、しわ(小じわ、目元の小じわ)、たるみ(頬のたるみ、毛穴のたるみ)、ほうれい線の無い若々しい肌へ導きます。
  • 見た目年齢への影響が大きいとされる糖化たるみ毛穴、肌の黄ぐすみの原因)にアプローチし、過剰な老化の進行を妨ぎます。

50代60代の方の口コミ

ライン使いしてみて、ガサガサでブツブツ出来ていた肌がきれいになってきました。

ディセンシア アヤナストライアルセット

  • 濃密化粧水20ml
  • 透過ケア美容液10g
  • ハリアップクリーム9g
  • +目元用アイクリーム1回分

初回限定1.480円送料無料

アヤナストライアルセット

セラミドの働きと効果


肌は自ら保湿物質を作り出し角質内に水分を蓄える機能を持っていますので 保湿物質がきちんと働いていれば 空気がどんなに乾燥しても肌は乾燥しません

健康な肌の角層には約20%~30%の水分が含まれていますが これが20%以下になってしまったお肌を乾燥肌といいます。

肌をうるおし乾燥から肌を守るセラミドは 生まれたばかりの赤ちゃんのお肌にはたっぷり含まれているのですが 残念ながら加齢とともにお肌の中での生産量が減り セラミド不足でハリやうるおいも失われて行きます。

肌が乾燥するとカサカサしてキメが乱れてしまいますよね!

そうするとお肌のバリア機能が正常に働かなくなりストレスに弱いお肌になってしまいます。

水分保持機能とバリア機能

セラミドは角質細胞間脂質と言って 肌のいちばん外側の角質にもともとある保湿成分で 細胞と細胞の間をぴったりと埋めて水分の蒸発を防いで、肌をみずみずしい状態に保っています。

角質の水分のうち80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質、残り16~17%は天然保湿因子がお肌の水分をキープしています。

皮脂の分泌が多いからと引き締めタイプのさっぱり系の化粧品でお手入れしていませんか?

実は肌の水分不足が 皮脂の分泌過多を招いていることも・・・、ニキビ肌、脂性肌など 肌タイプにかかわらず スキンケアの基本は保湿です。

皮脂や油分では十分な保湿は出来ません

皮脂の保湿効果は2~3%と非常に小さく水分を 守る力はあまり有りません。

セラミドは水には溶けないのですが 水分をしっかり挟み込んで 肌表面の角層にラメラ構造と言うミルフィーユのような層を作ります。

化粧品に配合され保湿成分は 真皮にもともとあり 肌のハリと弾力の元になっている成分、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどがよく使われます。

これらの成分を肌に塗った場合 皮膚から吸収されることはなく角質内の保湿成分として働きます。

ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチンは 湿度が下がっても 水分を抱え込みキープしてくれます。

一方、セラミドは肌の一番外側にある 肌表面の角質細胞のすき間を ぴったりと埋めるように存在している細胞間脂質と呼ばれる 保湿物質のひとつです。

細胞間脂質の約40%を占め 水分を挟み込んで保つ特徴を持っています。

セラミドの保湿力は最強です

セラミドの保湿力は最強で このラメラ構造でセラミドに挟まれた水分は 空気がカラッカラに乾燥して たとえ湿度が0%になっても蒸発しません。

角質層の水分を保つ細胞間脂質は 他にもいくつかあるのですが セラミドが無くなると 角質の水分は80%も低下してしまうと言われるほどです。

角質層にセラミドが充分あれば 空気が乾燥する冬場、エアコンの部屋でもプルプルのお肌が保てます。

そして セラミドでラメラ構造が整った肌は 肌に有害な紫外線 ウイルスやアレルゲンなど有害な物質から肌を守るバリア機能も 強化されます。

アトピーや敏感肌は 健康な肌に比べると セラミドの量が極端に少ないそうです。

セラミドは加齢で減少してしまいます

セラミドは 肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)とともに 表皮細胞の中で作られますが 加齢でお肌のターンオーバーが衰えると セラミドを作り出す力も衰えてしまいます。

セラミドが不足すると お肌の水分量も減ってしまい 歳を取るにつれ肌が乾燥しやすくなります。

年齢とともにお肌が敏感になって肌荒れしやすくなった、そんな方もいらっしゃるのでは?

加齢で不足しがちなセラミドを補うために作られたのが セラミド配合化粧品です。

乾燥肌、敏感肌・アトピーの方のお肌は セラミドの量が 普通の方より少なく 乾燥でお肌のバリア機能が低下しています。

セラミドはコレステロールのようなものから作られているのですが コレステロールを食べても サプリメントでセラミドをじかに飲んでも お肌のセラミドにはなってくれません。

セラミドは化粧品で簡単に補えます

セラミドは肌のターンオーバー(生まれ変わり)と一緒に 表皮で作られるのですが 加齢でターンオーバーが衰えるとセラミドを作る力も衰え セラミドの量は減ってしまいます。

セラミドをサプリメントなどで摂っても 簡単に肌のセラミドにはなってくれません。

加齢でセラミドを作る力が衰えてしまったお肌は セラミド配合化粧品でお手入れするのがおすすめです。

加齢で減っていくセラミドを 体の中から作り出すのは困難、ですがセラミドは 化粧品で簡単に補うことが出来ます。

ライスパワーNo.11で乾燥肌改善

ライスパワーNo.11は 肌自らセラミドを作り出し 角層の水分量を上げると その効果を認められた 医薬部外品の成分です。
勇心酒造のライースリペアーローション1ヶ月たっぷりお試し出来ます!


ライスパワーNo.11

【ライースリペア実感セット】
ライースリペア


ヒト型セラミド化粧品、選び方のポイント

化粧品に配合されるセラミドの種類

化粧品のパッケージにセラミドと表記できるのは ヒト型セラミドのみです。

ヒト型セラミド 合成セラミド、天然型セラミド、バイオセラミドなどと呼ばれます。
天然セラミド 動物性の天然セラミド、セラミド合成促進作用。
植物性セラミド コメヌカスフィンゴ糖脂質 、コンニャク根エキス 、ヒマワリ種子エキス、ユズ果実エキスなど保湿効果
疑似セラミド 石油原料から化学合成したものやセラミドを構造的に真似て作られた物質。
セラミド様物質 セラミドを構造的に真似て作られた物質。

 

人の肌の角質層と同じ構造を持つのはヒト型セラミドのみ、保湿効果、セラミド合成促進作用を持つものもありますが セラミド配合化粧品を選ぶ場合は ヒト型セラミドを選ぶのがおすすめです。

ヒト型セラミドはセラミド1からセラミド7まで7種類が確認されていて その中でも下記4つのセラミドを選ぶのがおすすめと言われています。

セラミドNS・NG(セラミド2)

保湿効果が高い

セラミドEOP(セラミド1)

乾燥肌・敏感肌を防ぐ

セラミドNP(セラミド3)

セラミドAP(セラミド6Ⅱ)

 

ヒト型セラミドはバイオと合成がある


パッケージにセラミドと表示できるのは ヒト型セラミドのみ セラミド1、セラミド2などと数字で表示されるのが主流ですが 今後はセラミドEOS、セラミドNSなどアルファベット表記に変わるそうです。

またヒト型セラミドは 酵母など使ったバイオセラミド(天然型セラミド)と 科学的に合成された(合成セラミド)があります。

皮膚に存在するものと同じ構造のバイオセラミドは 角質層に浸透しやすく、肌のバリア機能をダイレクトに補うことができます。

セラミド化粧水
セラミドは脂質ですので水には溶けにくいため 化粧水に配合されることはあまりありません。配合されていたとしても ごく少量か界面活性剤が使われていることも、使う前にドレッシングのようにシェイクして使うものもあります。
セラミド美容液
美容液なら油溶性のセラミドを効率的に取り入れることが出来ます。セラミドの他に ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など配合されたものもありますので 好みで選ぶのも良いです。
セラミドクリーム
油溶性のセラミドを高配合することが出来ますので クリームで補うのが一番かもしれません。

他にもレチノール、油溶性ビタミンC誘導体などが一緒に配合されたクリームがエイジングケアにはおすすめです!

価格は3.000円以上のものを選ぶ

気をつけたいのは 合成セラミドとバイオセラミド、どちらもヒト型セラミドと表記されるのですが 似て非なるもの 合成セラミドは構造が違っていて 保湿効果はあまり期待できないとのこと・・・。

バイオヒト型セラミドは化粧品の原料として比較的高価なため、ドラッグストアなどのプチプラ化粧品だと セラミドと表記されていても 合成セラミドだったりセラミドが ほんの少ししか配合されていないことがあります。

せっかく安く購入出来ても 保湿効果がなければ 無駄になってしまいます。

化粧品の量や質にもよりますが ヒト型セラミド化粧品の効果を期待するなら 価格は3.000円以上のものを 選ぶのがおすすめです。

乾燥、敏感肌を招く勘違い保湿ケア

乾燥肌対策には化粧水をたっぷりつける

肌の乾燥が気になるときは 化粧水をたっぷりつけて水分補給すると良いように思えますが 水分を与えるだけでは蒸発してしまい かえって乾燥してしまうこともあります。

化粧水をたっぷり含ませたシートマスクでパック

うるおうのはその時だけ、水分は時間とともに蒸発してしまいます。

化粧水が蒸発しないよう乳液、クリームをつけて油分でフタ

油分の保湿力はそれほど高くなく 油分の隙間から水分は蒸発してしまい テカテカ、カサカサのお肌になってしまいがちです。

脂性でニキビ肌だから保湿はしない

脂症だとベタベタして水分は足りているように思いますが 実は水分不足を補おうと皮脂の分泌が活発になっているインナードライが脂性の原因になっていることがあります。

しっとりタイプの洗顔料で洗顔

洗い上がりしっとりの洗顔料のうるおいの正体は油分の皮膜ですので 洗顔後の化粧品の浸透を 妨げてしまいます。

※低品質の洗顔料にありがちで しっとり洗顔のしっとり成分の種類にもよります。

間違ったお手入れで 自ら乾燥・敏感肌を招いていることも あるそうですので 気をつけたいですね!?

最新情報をチェックしよう!